スポンサードリンク

五十肩・四十肩の腕や肩の痛みで夜目が覚めてしまう

この五十肩や四十肩の肩や腕の痛みで、夜中に目覚めてしまうほどの痛み有る!

五十肩や四十肩の腕・肩の痛みがひどくて、とてもひどい目に有ったとか、
五十肩や四十肩が完全に完治するまでに2年もかかったとか、

そのような五十肩や四十肩の経験をしている人おそらく、五十肩や四十肩の症状でもっともつらい時期のまだ肩関節が炎症を起こしている急性期の過ごし方などに何かしらの問題が有る事がもっとも多いですね。

?

夜中に肩の痛みで目が覚めてしまう!そのような時にしてはいけない事

五十肩や四十肩になったら、腕や肩をよく動かさないと固まってしまう。
そのような素人判断をしてしまい、夜も眠れないほど腕や肩の痛みがすごく、肩関節周りがまだ炎症を起こしている急性期の時期に、無理にアイロン体操やリハビリ体操を始めてしまうと、五十肩や四十肩の症状がかえって悪化させてしまう事に成りますので注意が必要です。

五十肩や四十肩の肩関節がまだ炎症を起こしている急性期は、肩を安静に保つようにして、無理に腕や肩を動かさないようにしていれば、だいたい2週間位で夜も眠れないような激しい痛みは治まるといわれています。

夜中に肩の激しい痛みで目が覚めてしまう、ほんの少しでも腕や肩を動かしたりすると腕や肩に激しい痛が走るそんな時は、整形外科で見てもらい治療を受ける事をおすすめします。

五十肩や四十肩の時の激しい痛みの時は安静が必要です

五十肩や四十肩の症状で、腕や肩にものすごい痛みを感じる際の例としては次にあげるものがあります。

夜寝ている時に寝返りを打つと、腕や肩にものすごい痛みが走り目が覚めてしまうそして、その後しばらくの間は、腕や肩がズキズキとうずいてしばらく眠れなくなる。

腕や肩が何かにぶつかったり、また腕うを急な動きをとっさにしてしまった時などに激痛でしばらく動けないまたはうずくまってしまうくらいの激しい痛みが有る。

この五十肩や四十肩の関節に炎症を起こしている急性期は、とにかく安静にしている事です。

スポンサードリンク
- ホームページSOS -

inserted by FC2 system